墓地

墓じまいをする上で大事な事とは何か考えてみませんか

墓じまいにおける費用や現実

墓じまいというのは、結局のところ、まずは遺骨をどうするのか、ということがあります。墓をしまうのはよいのですが、その遺骨をどうするのか、ということです。ちなみに自分で持っている、ということは実は可能です。そもそもそれができないのであれは墓がない人はどうしようもない、ということになってしまうからです。しかし、多くの場合、墓じまいというのは、基本的には改葬をすることになります。
違うところに埋めなおす、埋葬しなおす、ということです。しかし、そうするのであれば意味がないのでは、と思うことでしょう。この場合は永代供養というのをすることが殆どです。つまりは、もう個人的に供養しなくても寺がずっと供養をしてくれる、という状況にするわけです。そうすることによって、安心して墓じまいをすることができるようになっているわけです。
但し、これには結構世費用がかかる、ということをよく理解しておきましょう。行政の手続きを人に依頼する場合にはその費用も必要になります。ですから、はっきりいって、かなりお金がかかる行為であるのが墓じまいなのです。老後にやることになるでしょうが、費用負担がなかなか厳しい、という現実もあったりするのです。

墓じまいをする上で大事なこと

墓じまいという行為があります。これはもっている墓を終える、という行為になります。まず、そもそもどうしてそんなことをするのか、ということになりますが、簡単にいえば人生が終わりに近づいているからです。高齢化、老齢の人が墓じまいというのをするのです。もう年老いて墓参りをするのもきつくなってきている、ということがあったりしますと墓を持っていること自体が負担になってしまうことがあるのです。
ですから、そうした人たちが墓じまいをするわけです。ちなみにしますから、といえばできるわけではなく、墓というのは殆どの場合、借りていることになりますから、その土地を返すことになります。墓石の処理、更地にして返還、ということになりますから、少なからず費用がかかることになります。
その上でとても大事になってくることが遺骨の処理です。それをどうするのかということがかなり重要な要素になってくることでしょう。具体的にいいますと多くの場合が改葬をすることになります。つまりは、別のところに移すわけです。そうすることによって、永代供養などにすることができるようになり、墓がなくても遺骨は処理できますし、供養もしてもらうことができるようになります。

墓じまいをするときに考えることはなにか

終活というのが流行しています。つまりは、人生を終えるときに綺麗にするために、という前準備の行動になります。こうした行動の一つに墓じまいというのがあるのです。墓じまいをすることによって、負担を軽くすることができるのです。それで綺麗に人生を終えるための行動とすることができるようになるわけです。
墓じまいというのはなかなか大変な行為ではあります。まず、お金がかかります。墓をやめるだけなのに、と思うかもしれませんがまずは撤去費用がかかります。更地にして返還することになりますから、それらの工事費用がかかることになります。これは決して安価ではないです。墓石の処分も必要になりますから、結構な費用になります。
また、墓じまいをするときにはその遺骨をどうするのか、ということも考える必要があります。そうしたことを総合的に考えますと少なくとも50万円弱は用意しておいたほうがよいことになります。何しろ、永代供養でどこぞに遺骨を出すとしてもそれに費用がかかるのです。役所に対する費用はそこまで大したことはないのですが、それでも十分に手間はかかることになります。人に依頼するとしたらそれにもお金がかかってしまうことでしょう。

墓じまいの方法と手順

最近では、日本も少子化が進み、お墓を継ぐ跡継ぎがいない事から、墓じまいをする事が多くなってきています。いろんな面でも少子化は問題になっていますよね。墓じまいをする理由はこの様な理由が多いです。ですので、跡継ぎがいない方はしっかりと墓じまいをしなければなりません。お墓は放置されているとそのうち無縁仏となり撤去されてしまいます。そうならない為にも今回は墓じまいの方法などを紹介していきたいと思います。
墓じまいは、まず話し合いなどが済み墓じまいが決定したならば、お墓の中の遺骨をどうするか考える必要があります。散骨や自宅供養や公営墓地など、どのような形にするのか決めなければなりません。散骨や永代供養がオススメです。後から管理費用がかからないという大きなメリットがあるからです。
墓じまいをするには行政手続きも必要になっていきます。これは、労力がかかるため気長にやって行かなければなりません。市役所や区役所にいって改葬許可申請などを、行う必要があります。この様に墓じまいをする理由は様々あります。しかし、後継ぎがいなければ墓じまいをする必要がありますので、後継ぎがいない方は早めに検討をしておく事をオススメします。

墓じまいで老後の負担を少なくしよう

お墓の悩みを抱える人というのはとても多いものです。お墓は誰しも必ず必要なものですが、自分のお墓の近くに住んでいる人のほうが珍しいですし、仕事の関係上地元や実家を離れなければいけない人というのもいるものです。そして新しく住み始めた土地での生活の基盤が整ってしまえば、もう遠方のお墓は悩みの種にしかならないこともあるでしょう。ずっと手入れしないまま放置してしまうのはご先祖様にも申し訳ないですから、そういった管理に悩むようになってしまった人は潔く墓じまいするようにしても良いでしょう。墓じまいすることで自分だけのお墓を用意しやすくなりますし、自分の子供にもお墓の負担をかけずに済むようにもなるでしょう。墓じまいしても永代供養などを利用すればちゃんとお経も読んでもらえるので、田舎でずっと放置されてしまうことを考えれば、現代的な効率の良い方法を取り入れていくというのも良いものです。お墓というのは大きければ立派ですが、その分綺麗に維持していくのも難しくなりますし、費用もかかり続けてしまうものです。今は費用をかけて管理している人も、子供の代のことを考えれば、今のうちに墓じまいしておいたほうが良いということもあるでしょう。

Menu

Site map

Copyright © 2017 墓じまいをする上で大事な事とは何か考えてみませんか All Rights Reserved.