墓地

墓じまいをする上で大事な事とは何か考えてみませんか

お墓の在り方が変化していく墓じまい

近年少子高齢化の影響や、地元を離れ「核家族」と呼ばれるようになって久しいですが、先祖代々受け継いできた「お墓」も、その在り方に変化を見せています。お墓を維持するには誰かが管理する必要があるのですが、それが高齢者であったり、子供が遠隔地に行っていたありと事実上不可能に近いなどの理由から「墓じまい」というものが注目を集めています。墓じまいとは、諸事情で「お墓が管理できない」時に行うもので、現在のお墓を撤去して、管理できる人の近くの墓地へ移転したり、自然葬などを行うことを言います。前者は「遠くて管理できない」部分を解消して、代々の土地から離れても「お墓」は維持できるのが特徴です。しかし、共同の物にすると個別のお墓は無くなってしまいます。ちゃんと処理をしないと、無縁仏として他者の遺骨と混ぜて埋葬されます。そうならないように手続きを行いましょう。また、お墓はお寺から土地を借りている状態なので、お寺にも話を通さないといけません。遺骨を動かすのでお坊さんに「魂抜き」や、移転先では「魂入れ」が必要です。どちらも費用が掛かり、その他お墓を撤去や、建てたりの費用も当然掛かります。更に「お布施」が別途必要になります。お墓に入っているのはただの「もの」ではありません。先代の魂を弔うためにも、可能な限りお墓を残すことも大切なことと思います。しっかりと準備した上で、「墓じまい」を検討してみては如何でしょうか。

Menu

Site map

Copyright © 2017 墓じまいをする上で大事な事とは何か考えてみませんか All Rights Reserved.